読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Find JAPAN!

日本で起きていること →何が世界と違うのか? ビジネス/人類学的観点から深い視点での気づきを。文化とマーケティング の観点から日本を見つめ直してみよう。

物欲を刺激するコンテンツ

Moment - Amazing Lenses For Mobile Photography - Kickstarter 2014

 

最近はアクションカメラとか、ちょっと触手の動くプロダクトも多いけど、機能やスペックで考えるとなかなか判断が難しい。

モノが無い(あるいは少ない)時代は機能やスペックが競合との差別化になったけど、今ほどモノが溢れてくると差別化にはExperienceの提案が必須なんだとあらためて思う。

アクションカメラの事例で見ても、GoProの提供するワクワク感ってスペックや機能を超えたモノがあって、自分で使っているシーンを思い浮かべやすい。SonyPanasonicも、この辺りを参考にしてWebコンテンツを作ってはいるけど、何かワクワク感が足りない。おそらくスペックとかで見ると日本製品の方が上だけど、それだけでは足りないという例。

Pinterestでも感じたのだけど、ユーザーのWants(未来の行動)やExperience(実際の使い方提案)をマーケティングに盛り込んで成功している事例は多い。MOMENTISTにはユーザーエクスペリエンスをベースにしたコンテンツ。特に写真が趣味でない自分もワクワクしてしまうのは、Pinterestを見ている時と同じ感覚。

ワイド/テレともに$99.99で、新しく出てくるiPhoneケースと合わせて、普段使いのカメラとして購入してしまうか?